2015年3月9日月曜日

M50(65)と迷ってる人向けのClouporminiレビュー

結構久しぶりの記事投稿です


今回はClouporminiのレビュー

自分のレビューは気になるけどどうしようかな?って迷ってるタイプの人に向いているレビューだと思うので、それを理解して読んでくれるとありがたいです

ClouporminiはXpro M50(65)とどっちを買うか悩む人が結構居ると思うので、そこの比較を中心にしていこうと思います

M50の特徴は
・最低抵抗数が0.2Ω、出力は50w(M65は65w)まで
・仮想メカニカルモードあり、VV(可変電圧)なし
・電池の取り外しが面倒
・(個人的には)デザインがかなり良い
・ブースト機能?あり

Clouporminiの特徴は
・最低抵抗数が0.45Ω、出力は30wまで
・VVあり
・電池の取り外しが快適「リロードタイムがこんなにも息吹を!」
・(個人的な)デザインは画像で見るより悪くない
・抵抗値が小数第二位まで出る
・M50より高さが少し低い
・パフカウンター(押してる秒数表示)あり

よく言われてるスペックや特徴を並べるとこんな感じです


まずスペックですが、どっちを買うか悩んでるような人にはどっちでもさほど変わりないんじゃないかと思います
30w以上欲しくなることもありますが、本格的に欲しくなったらもっといいやつ(今だと温度管理のあるMOD)を買えばいいんじゃないかな〜と

VVも無くてもいいけどあるに越したことはないかなといった感じです
前の記事で書いたやつも含めてM50の不具合はVWで起こるものが多かったのでもしVVがあったらな〜と思います

ただし、自分のM50の不具合になった原因でもありますがブースト機能?は良かったんじゃないかなと
これはパフボタンを押した瞬間は高出力になってからだんだん適正の出力に落としていく機能で、この効果で立ち上がりが早いです
実際Clouporminiは気持ち立ち上がりが遅い気がします

電池の取り外しについてはM50を買った時は(電池1本しか持ってなかったし)別に簡単に交換できなくてもいいかなと思っていたんですが
ものすごく快適ですね
すごい便利です

2本あればローテーションを組めるので電池の残量を気にせず使うことができるのは大きいと思います

抵抗値の表示は小数第二位まであっても信頼性がないらしいので無いほうがマシらしいです
目安ってことですね

大きさはClouporminiの方が少し低いですが、持ってみるとM50の方が収まりが良かったかなと思います
小さいのが正義と思ってたんですが実際はそうではないということがわかりました


挙げてない点での細かな違いは
・ボタンのクリック感
・+-ボタンを押した時のスクロール速度の違い
があります

クリック感はClouporminiの方が良いです
ただし自分のやつは+-ボタンはカチカチしててとても良かったんですが、パフボタンはそうでもなかったので残念

スクロール速度はClouporminiの方が少し早いかなと
地味にイラッとくるポイントなのでスクロール速度は結構重要な気がします
というか個人的には0.1じゃなくて0.5w刻みで良いと思うんですよね…

最後はデザイン
これは完全に好みなんですがやっぱりM50は良かったなと
Clouporminiも画像で見た時は安っぽかったんでイマイチだと思ってたんですが、実物を見るとそうでもなかったので不満はないです
角が切られているので、22mm径のアトマを乗せるとはみ出ているように見えると言われていたのですが、実際使ってみると個人的にはあまり気になりませんでした
これは撮る気があれば画像貼っておこうと思います


以上主にM50との比較がメインだったClouporminiのレビューでした
まとめると
・スペックはどっちにするか悩んでる段階だとあまり差はないので気にしなくても良い
・電池交換が簡単にできるのはすごく便利
・デザインで決めよう

あっClouporminiのコンタクトピン調整は結構めんどいです
ここはマイナスポイント
M50はスプリングだったのかな?(よくわからなかった)


次回FoggerV6レビューの予定
結論から言うと黒よりSSを買ったほうがいいです

0 件のコメント:

コメントを投稿